2013年7月30日火曜日

おでかけ と 独り言



先日、新宿まで電車に乗って見に行ったのに観られなかった映画、モンスターズユニバーシティ。
ようやく車が納車になったので、こんどは車でアクセスしやすい映画館で字幕版を上映しているところを探し、行ってきました。
(18時半からで終わると20時半という時間しかなかったけど・・・)

ようやく!
英語で、この映画が観られて、嬉しいなぎぜんでした。

実際見ると、やっぱり英語のものは英語でみたいよな、それは・・・と納得もしたかも。
夫が言っていたけれど、自分たちがNYで日本の映画が上映されたとして、英語吹き替えじゃなくて日本語(英語字幕)でみたいよね、そりゃ。と。

なぎは英語だとたぶん全部理解できるけれど、日本語だと、結構難しい言葉が多くて、難しいってのもあるのかもしれないな。



ま、なんにしても。
これから洋画が公開になるたびに、字幕上映のシアターを探して連れていく、というのがパターンになりそうです^^





さて、なぎぜん。
先週の、なぎの高熱が下がると同時に、今度はぜんが発熱。
二人とも、今日本で大流行の手足口病だったようです・・・。

ぜんは、熱が引いてから水疱がたくさん出て、発疹だらけの身体。。
もううつす時期ではないのだけれど、やっぱり、こんなぶつぶつで出歩くのも友達と遊ばせるのも。。

ということで、合計5日間、6日間?カンヅメ生活でした。
ようやく、発疹も乾いてきたし、もういいかなと(小児科の先生からは、4日前ほど、もう遊んでもいいしプールも2日くらいしたらいいと言われたのだけど)、外へ出るようになりました。


でも、やっぱりこの二人揃っての高熱は、今回の引っ越し疲れの毒出しでもあったはず。
治ってからもまだ何となくだるいらしく、あまり遊びに行きたがらず、なんだがグダグダと毎日過ごしています。

夏休みはまだあるし、焦らず、元気が完全にチャージされてから、動き出せばいいかな。

と言いつつ。
なぜか約束したり呼ばなくても、お友達はたくさん出入りしているのですけどね^^
遊び相手には困らず、毎日外でも家でも遊んでいます。

昨日、今日は、社宅の上の階のお友達(4年前、私たちがここにいたときからのお友達)が、モスクワへの駐在でお引越しでした。

1か月前、我が家がNYでやってきた、船便だの航空便だの(あと出国だから倉庫だの)、携帯解約だの、色々な大変なことを、やっているのを間近で見ています^^;
そして、1か月前、なぎぜんを預かってもらって助かったように、今度はお友達のお子さんを家で預かったり、お夕飯を一緒に食べてもらったり、したのでした。

Pay it forward. って昔映画があったけれど、できる時に、できる相手に、なんでもしてあげるのがいいと思っています。
誰かにそうして助けられて、その人に直接お返しできるわけではなくても、同じような親切をほかの人にすることで、その人もまた他の人に・・・。
と、温かい気持ちはどんどん続いて拡がっていくものですよね^^





ここのところ、私の気持ちは、アップダウンがわりとあります。


日本での暮らし、時々急に「ああ、日本だ」と、郷愁に駆られて嬉しく思うこともあります。

でもたまに、やっぱり色々窮屈で疲れる暮らしを無理に前向きに頑張っている部分があって、それに気づいて、NYが懐かしくなったりも、します。

雨の日の激混みのバスになぎぜん連れて傘3本もって乗っているときとか。
夕方、ちょっと外に出ると、ものすっごく蚊に刺されて、帰ってからも痒いし、じとっと湿気て暑いから常に肌も汗ばんでいて、蚊に刺されとダブルで痒くて不快で。
みんなそうだから、なぎぜんと私でイライラ当たりまくりで。そういうときとか。




でも、不思議と、NYへ帰りたい。
とは、誰も口にすることはありません。

日本が、ここが自分たちの国で、生活の基本だということ、
今までのNY暮らしが、期間限定のスペシャルな時間だったこと、
そういうことを、ちゃんと私も子どもたちも、わかっているんだな、と思って安心します(苦笑)。


来年以降、夏休みにNYを訪れてサマーキャンプに行こうね、とはよく話しますが^^



今はまだ、日本への適応の段階。
今日もなぎは、学校のプールと無料学童のようなものがあって、そこにひとりで行かせたら、よくわかず涙ぐんで帰ってきてしまったりしました。

頑張ろう。
無理せずに、少しずつ。

今日1日で、一つでも、楽しかったこと、幸せ~と思ったことを、見つけられるようにしよう。
そのための、ケーキやアイスへの投資は惜しむべきではなさそうだ(笑)。

明日はまた別の日。
まだあまり、カラッと気持ちの良い明るい色に彩られた日はない気がするのだけど、NYでの日々を、そうしてcolor(色塗り)することをイメージしていたように、ここでも、keep coloring our days していこう。
そう、思う7月30日の夕刻でした。

4 件のコメント:

  1. 凪が涙ぐんで帰ってきたら、泣いちゃいそうだわ〜おばちゃんは( ; ; )頑張ってるんだねぇ… うちも頑張ろう!!

    返信削除
  2. >のぞみさん、なぎね、私も、前付き添ったときとちょっと違う初めての状況なのに一人で行かせてしまったり、かわいそうだったなあ、と。「プールの日は「あそべえ(学童のようなところで学校をいつも無料開放してて自由に出入りできる場所)」はないんだよ・・!」と涙ぐんで舞い戻ってきてしまって、(ちょっと複雑でよくわからず入り口で困ってしまったらしい)、私もかなり切ない気持ちになったよ。。。改めてまた学校まで送って行って、今度は部屋の入り口で引き渡しまでしてきた。いろいろね、慣れないと気持ちもすり減るし、大変よね。でも経験積んで逞しくなっていかないと。頑張るわー

    返信削除
  3. お久しぶりです!
    あっという間に2回もブログをお引っ越しされていて…いつものことですが元気いっぱいのazusaさんに驚かされています。
    BTW、昨日イーストチェスターでお買い物をしてきましたよ。
    その時、azusaさんたちはここにもういないのね…と思ったらとても淋しかったです。。。
    気分のアップ&ダウンは付きものですよね。
    ダウンばかりでは気が滅入ってしまうけど、ダウンな時があるからアップな日々を感謝しながら楽しめるし、アップな時があるからこそ、ダウンな自分があってもちょっとスローダウンしてみながら頑張ろう!という気分にもなれるし。
    Keep adding colors on your daily lives!
    美味しいケーキをたくさん食べて頑張ってねー。

    返信削除
  4. >evaさん、
    お久しぶりです!日本楽しまれて帰米されましたか?^^
    あっという間にブログ2回もお引越ししました^^;
    Eastchesterでお買い物ですか?いいなあ、どこかしら。
    自分はもうそこにはいない、というのは不思議なものです。
    子どもたちはNYに旅行に行きたいそうなので、来年の夏でも行けたらいいな♪
    気分のアップダウンは、そうですね、あっていい、そうですよね。
    日本での日々は、不思議と、原色の赤や青よりも、日本らしい中間色な色に彩られている気がします。
    山吹色とか、緋色とか、深緑色とか・・・(笑)。
    これはこれで、味があっていいものです☆

    返信削除