2013年11月11日月曜日

栗・くり・マロン



日本は秋真っ盛りです♪
(NYはそろそろ秋も終わり、冬支度ですね^^)



さて、前回も書きましたが。
安曇野のじいちゃん・ばあちゃんが、茹でてくりぬいてくれた栗をたくさんくれたので、この600ℊ超の茹で栗を全部、マロンペーストにしてみました。




これだけで、パンにつけたり、そのまま食べても美味しいのですが^^

このペーストをたっぷり練りこんで、マロンパウンドケーキを作ってみました。

栗の甘露煮を刻んでアクセントに入れました
七五三のお祝いのお茶で出したので、飾りまでする余裕なく、
プレイティングがいつもとおんなじ・・・・><
 
 
良さそうなマロンケーキレシピ、あるかなあ?
と、クックパッドをちらっと見たんですが、いまいちピンとくるものがなく。
 
 
適当~に、オリジナルで作ってみました。
いつものラム漬けドライフルーツのパウンドのレシピを参考に、足し引きして・・・。
 
これ、泡立て器もつかわず、フォークとゴムベラだけであっという間にできてしまうのです。
それでも、しっとり、美味しい~。
 
 
 
 
じいじの畑から来たカボチャたちのおかげで、この秋大活躍の、パンプキンメープルチーズケーキと、羊羹と一緒に、スイーツ盛り合わせでいただきました。
 
 
(なぜなら、この日は七五三のお祝いで、じいちゃんもじいじもいらっしゃるので。じいちゃんからの栗、そしてじいじからのカボチャを使って何かしたいな~と思っていたのです^^)
 




そして、昨日、日曜日ののどかな午後には。

なぎぜんと協力してつくった、モンブラン♪



生クリームを立てるのを一生懸命手伝ってくれました。

あ、中はカステラです。
スポンジ焼かず。

ぜんは、カステラを並べる係りを頑張ってくれました^^

ついでに書くと、なぎは、カステラの上に、甘露煮を刻んだものを中央に盛って、その上に白い生クリームを落とす仕事。

その後、私がマロンクリームを上から覆うように盛って、フォークで筋をつけて、甘露煮刻みをちょっと飾って、出来上がり☆

山のモンブランのようなデコになりました。




秋はいいですね。

目にも、舌にも楽しみがいっぱい。
年々、この季節が好きになるというのは、やっぱり、年々、年を重ねているということなのかなあ。。

 
 

2 件のコメント:

  1. 日本の秋っていいですよね。
    美味しいものがたくさんあるし、紅葉も楽しめるし、一番大好きな季節です。
    それにしてもモンブランを手作りしてしまうなんて凄いわ~。
    かごに詰まったどんぐりも可愛いですね☆

    返信削除
  2. >EVAさん、
    私はアメリカの秋が大好きですが、でもやっぱり、日本の秋も素敵です^^
    美味しいものが多いのは、やっぱり確実に日本ですね~。帰国して太りました・・・。
    モンブラン、、もどき、、です^^;
    最近、もう少しちゃんとしたお料理やお菓子作りを勉強してみたいなーと思うようになり、初めてお料理本やレシピ本を図書館で借りてみました。
    興味深いことがたくさんで、おもしろいです!

    返信削除