2013年11月15日金曜日

公立小学校 ・・・・その後




なぎの小学校のお話。。

授業妨害する子が多く、先生の指示も通らず、まとまらず授業がうまく成り立っていないことで、驚いたりがっかりしたりイライラしたり、、、

した、この最初の数か月でした。


1年生のこのクラスは、学校の中でも一番問題としてとらえられてはいたようで、学校公開後、保護者からのそれぞれのアンケートや手紙を受けて、学校側も、きちっとした対応をとってくれることになりました。


先日、このクラスだけ、臨時保護者会が開かれました。


校長、副校長、学年主任、担任。
4人の先生が並び、クラスの現状、問題、学校側の対応、保護者に対してのお願い、をお話してくれました。

校長先生のお話は、分かりやすく、きちんとしていて、納得のできるものでした。
特に、授業を妨害する子どもはそのままにはしません。
というスタンスを決めてはっきりと伝えたこと。

問題行動のある子どもの保護者に、ちゃんと届いたかなあ。。
出席していたかなあ、、どうでしょう。。


先生二人体制を取ることに決め、新たにベテランで、でも仕事を控えていた先生を雇い、クラスに対応してくれることになりました。

と言っても、その先生は週2回午前中のみ。
他の時間も、二人体制になるよう、鋭意探し中、ということでした。



きちんと対応してくれる姿勢を見せてくれると、こちらもそれだけで安心感が違います。


特に、保護者からの意見で、体育などの時間の安全性が確保されたい、という内容が多かった様子。
たしかに、学校公開の体育でも、危ないなあ、ということはたまにありましたし、給食などでも、クラスの落ち着きのなさのせいか、けがが多いことは聞いていました。



とにかく、学校側はできるだけのことをしてくれたようで、あとは、保護者側の問題でしょう。
このクラスは、「いついつまでに何を用意してもって来てください」に対しても反応が悪く、提出がそろわない、それによって、忘れた子の対応、授業が揃って始まらない。。。。。など、問題が連鎖しているそうです。

それらって、担任のリマインドも必要だと思うのだけれど(学年便りのどこかの一行だと、やっぱり見過ごしてしまう保護者もいますよね、、期限前に一度、連絡帳なりでリマインドをくれると助かるなあ)。。。
でも、基本的に、保護者側の責任の部分。


先生も保護者も、クラスで子どもたちが気持ちよく過ごせるように、自分の責任を果たしていく必要があるのだなあ、、と感じました。





実は、近隣の私立小学校への編入もずいぶん真剣に考えていたのですが。

なぎが、友達もできたし、もう少しこの学校でもいいかな。。ということ。
そして、学校側が対応し始めてくれたのならば、その後の動きをもう少し見守るべきかな。と思うこと。

もう少し、この学校を見ていこうと思っています。



学校としては、悪くないはずなのですよねえ。

ただ、低学年が荒れている。
2年生で1クラス、3年生でも1クラス、1学期中に、担任交代があったそうです。。。。



学校運営、難しいですね。。。




0 件のコメント:

コメントを投稿