2013年12月22日日曜日

クリスマスのおでかけ

東京駅を降りたところ。
駅をバックに撮ろうと思ったのになあ^^;
ぜんはここがよかったようです・・・・

昨日は、久しぶりに、電車に乗っておでかけ。
じいじ・ばあばと一緒に、有楽町国際フォーラムまで、コンサートを聴きに行ってきました。



待ち合わせてランチをした丸ビルには、大きなクリスマスツリーがありました。
でも・・・・日本っぽい^^;

日本の大きなツリーって、たいていこういう、きっちりした円錐形で、「木」という感じじゃないですよね、枝もないし。

ロックフェラーやNYパブリックライブラリーのツリーが懐かしいなあ、なんて、ちょっと思った私。


でもね、この丸ビルのお隣の、KITTEというらしい郵便局のビルにあるツリーが、素敵だと聞いていたのです。


お隣まで、信号を渡ってほんとにすぐ。

そしてホールにあったツリーが、これ。
素敵~~☆



新しい感じですよね。
真っ白の雪と、上から降る雪のキラキラ。

とっても綺麗でした。
木は生木で、下にあるキャンドルも、本当の炎でした。
もちろん雪は作り物ですが、すごくいいアイデア!




その後、国際フォーラムまで一直線に行くために突っ切ったまた別のビルディング。
入ると、天使と、ゴスペルの歌声♪


この後ここで行われるゴスペルコンサートのリハーサル中でした。。

いろいろな、ライティングのアート作品の展示もされていて、なかなか面白い空間でした。




さて、ようやく到着した国際フォーラム。
この日のコンサートは、青島広志さんの、「世界まるごとクラシック」。
子どもでも楽しめるクラシック、として、これまでも何度か開かれている催しのようです。

曲と曲の合間の、青島さんのトークが面白い^^
でも、早口だし、大人は笑えるけど、子どもにはちょっと理解が難しかったかな^^;


音楽は、選曲がもうひとつ、、という感じもしたけれど、楽しかったです。
私は「そりすべり」がやっぱり一番楽しかったなあ、季節感もあって。


帰国すると、こういった芸術鑑賞の機会をなかなか持てないのがちょっと残念と思っていましたが、子ども向けの催しも、色々あるようです。

NYで、子ども向けの、ミュージカルやオペラやジャズに行ったように、東京でも、子どもを連れていける観劇など、見つけて色々行ってみたいな、と思うのでした。
(ただ電車での移動が大変なんだよなあ^^;)


クリスマスらしいおでかけができてよかったです。
ご一緒してくれた、じいじ・ばあば、どうもありがとう!


0 件のコメント:

コメントを投稿