2013年12月31日火曜日

白馬八方スキー場 国際ゲレンデにて



長野県の白馬と言えば、冬季オリンピック開催地!

中でも八方スキー場は、オリンピックコースが多く、とにかく上級コースに富んでいて、初級者が滑れるところが少ないことでも有名なんだそうです。

なんてことをまったく知らなかった我が家^^;
夫以外は本当に初級者(というか、なぎぜん、まだちゃんと滑れない・・・・)レベルなのですが。。。

何かの検索で、この八方の国際ゲレンデには、Evergreen Outdoor Centerというところがあって、英語のスキーキャンプをやっていることを知ったのです。
「ここのスクールに子どもたちを入れよう!」とまず決定。

普段日本の学校に通っているので、基本的に日本語環境の子どもたち。

アメリカから帰国して半年経ちますが、まだ英語の方が得意、と言うなぎぜんです。
完全英語環境が懐かしいだろうなあ、そろそろ入れてあげたいなあ、と思っていたのです。

(夏のサマーキャンプは、近くにASIJもあるけれど、高いし、忙しいしで、入れてあげられなかったしね)。




ということで、白馬八方のスキー旅行が決まったのでした。

あ、さらに。
私たちが住む吉祥寺のすぐ隣の三鷹から、白馬八方まで、高速バスが出ていたのも決め手でした。
「お山のじいちゃん・ばあちゃん」が住む安曇野穂高も、この高速バスの停留所の一つで、普段から義理両親も利用しているバスなのですよね。
自宅から三鷹の高速バス停留所まで、タクシー。
あとは、高速バス、以上!で、ゲレンデやホテルのすぐ近くまで行けてしまうので、とてもアクセスがよかったです。




スキー初日は一日中雪が降っていたのですが、二日目は、とってもいい天気!
本当に景色が綺麗でした!


 
 

 
 
 
 
 
スキーが苦手な私。
子どものころ、2度ほどの経験と、あとはNYで、25年ぶり?ながら子どもたちを抱えながらストックなしで初級コースを滑ったのみ。。。
(あ、スノーボードは大学生時代何度かやってました。スノボの方が得意です)
 
今回、とりあえず夫と山の中腹まで行くリフトであがってみたら。。。。
 
初級コースで降りることはできるにはできたのですが、
「これって一般的な中級コースでしょう!」
というような、傾斜とコース幅の、ヘアピンカーブ続きのコースしかなかったのでした!
 
いや~、スキー履いていきなり上がってしまったので、結構こわごわ降りてきました。
もうちょっと、先に短いリフトで練習してからにすればよかった・・・。

 
 
 
 
 
 
さて、子どもたちのスクール。
 
どう見渡しても、ここはどこの国のゲレンデかな??
と思う状態でした^^
 
 
 
 
多いのはオーストラリア人でしたが、フランス語も結構聞こえていたし、アジア系の人もたまに見かけました。
英語が共通語で、インストラクターたちも、オーストラリア英語やブリティッシュ英語がメインでしたが、子どもたちは難なくコミュニケーションしてました。
 
私と、特に夫は、アメリカ英語以外は聞き取りにくいんですよねえ。。。(恥)

 
ぜんのクラスは、年齢が低いので、半分託児的。
預けも引き取りも、こういう託児室のようなところで。


 なぎは、初日は一番下のクラス、翌日は、もう一つ上のクラスに入っていた様子。
始め、ベルトコンベアのようなリフトを使ってしばし練習してから、初日午後以降はリフトに乗って滑っていました。


 二日目午前。
この日は人数が多くて、インストラクターのHenryも大変そう^^;



よく晴れた良い天気の中、美しい雪山を眺めて滑るのは、本当に気持ちがいい!

カルガモの親子のようななぎたち^^ 




一方のぜんくん。

こんな狭いエリアで、ひたすら練習・・・・。




 初日午後は、ベルトコンベアのリフト(Magic Carpetというそうです^^)も滑ったそうです。
そこが一番楽しかったそうな。
やっぱり、チマチマやるより、ある程度の長さ、滑らないと楽しくならないよね^^;


ランチも込みのレッスンでした。
インストラクターのお兄さんお姉さん、結構よく働いてくれているようでした。
アメリカのサマーキャンプを思い出すなあ。






とまあ、なぎぜんとも、スクールもそれぞれ楽しんでいたのですが、二日間しか滑る時間がないなか、ぜんは、まだクラスが上がれず、チェアリフトには乗せてもらえないとわかり・・・。

せっかくなので、二日目の午後は、予定を変更して子どもたちをレッスンから抜きだし、ファミリースキーにしてみました☆



ぜんは、夫が抱えてリフトに乗り降りさせて、私が抱えながら滑りました^^
まだ自分で止まれないので、仕方ないです。

本当なら、きちっと自分で止まれるように、この時間に夫から特訓してもらうのがよかったのでしょう。。
でも、やっぱりスキーに来たのだから、チェアリフトからの景色や、スキーで滑り下りるスピード感を味わうのも楽しいかな、と思い。。

我が家、ぜんのことは甘やかしすぎです^^;
NY帰国組の同い年の友達は、みんなもう一人で滑れるし止まれるんだけどなーーー。
・・・ま、いっか^^;


 



久しぶりのスキー。
楽しく、怪我なく、いってこられて、よかったです!



スキー以外のSnowFunを、次の投稿にしてみます^^


0 件のコメント:

コメントを投稿