2014年8月25日月曜日

【夏の想い出2014】Me Time♪ in Okinawa




 夏休みの中盤、お盆の一週間は、私と子どもたちで、6泊7日の間、沖縄に滞在していました。

と言っても、観光ではなく、目的は、子どもたちの英語のサマースクール。


今回、英語キャンプについては、春の間に相当考えて調べたのです~。
帰国して一年。
子どもたちは、今でも会話やテレビは英語なのだけれど、アカデミックな英語には丸一年触れていません。
でも、特になぎは、また英語での教育に戻りたい希望があるので、その時までに、英語は勉強し続けておかないといけないし。。
でも、普段の学校生活の中で、英語を習いに行く、という選択肢はする予定もなく。
夏のキャンプくらいは、久しぶりの英語環境としても、入れてあげたいなあと思っていました。

近所のASIJ(アメリカンスクールインジャパン)のキャンプや、ニューヨークに行って、前行ったタウンのキャンプに入れるとか、いろーんな選択肢があったのですが。

日本で行われている、英語のサマーキャンプというのは、だいたいが、参加対象は日本人(英語を母語のように話さない子どもたち)。
カウンセラーとアクティビティ自体は英語ですが、何だか、遊びのコミュニケーション英語の輪に入れるだけのために、あの大金~?と思うと^^; それもなあ、、、、と。。。

英語人(と我が家ではいう、英語をネイティブのように話す人)の輪に入れてあげたいけれど、インター生徒のためのキャンプは、日本の公立学校の夏休み期間にはないのです。(たいてい6月から7月前半)
海外に送るには今回予算と時間がない。。

色々考え、参加する子が日本語人ばかりでも、アカデミックな英語の「勉強」をやってくれる、「サマースクール」にしたのでした^^;

子どもたちには、お遊びキャンプでなくかわいそうかなあ、とも思いましたが、遊びやダンスの時間もあるということだったし、目の前は沖縄の海だし、アフタースクールには、海で遊んだりできるし、バケーションかねて行けば、諸々取り?できるじゃん♪

ということで、LLCという英会話スクールが行っている、サマースクールイン沖縄、に決定♪



*****



ステイしたコンドミニアムは、沖縄中部北谷町の、アラハビーチの目の前。
ホテルでなく、ただのワンルームアパートですが・・・・この立地はよかった^^








ビーチで、お部屋で、カフェで。
ほとんどの自由時間を、本を読んで過ごしていました。

読んだ本は、本当にジャンルやらバラバラ^^;

〇薬剤師が勧める「現代養生論」
〇スノーデンファイル
〇Tuesdays with Morrie
〇Molly Moon's Incredible Book of Hypnotism
〇ネイティブ発想の英文ライティング







太陽の陽に当たることと、海に入ることって、健康上すごくいいことのように思えます。
少なくとも私は、海水に入ると傷がいえたり肌の調子がよくなったりするし、陽に当たると光合成したような元気な気持ちになる。


貴重な、1週間のひとり時間。
ありがたく、何もせずに、のんびりしたのでした♪
(洗濯や朝食の支度はしましたが)








その間、子どもたちは楽しくサマースクールへ♪
楽しめたようで、よかったよかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿