2014年9月12日金曜日

バレエ発表会




昨日、なぎと「朝活」しました^^
朝5時半に起きて、近所の公園をお散歩。
すでに10人くらいの人がいて、驚きました。(帰る頃には20人に・・・)

人々を分類すると、
 ランニングの人。
 散歩の人(ほとんどが犬の散歩)。
 サッカーやバスケの練習に来ている子ども。
 掃除してくれているおばさん(やおばあさん)。

でした。
なぎがまだ逆上がりができないのを知って、ちょっと練習させたら、せっかくの和やかな朝の散歩が、ビミョーに険悪ムードに・・・・^^;
私がものを教えようとするとすぐ怒るかいじけるなぎです。。。



でも、気を取り直して仲良く散歩したら、清々しくって、とっても良い時間になりました。
これから、どんどん朝寒くなって、ベッドから出るのが厳しい季節になるけれど、朝みんなで早起きして、有効に使えたらいいなーと思うのでした。

(だって、家族のひとりひとりとゆっくり話したりする時間って、全然ないですものね。。。平日放課後も、宿題して、習い事連れて行って、隙間時間に夕飯作って・・・。忙しくって、遊ぶ時間も本を読む時間も、お喋りする時間もほとんどない。。。)

***




随分前のことになりますが、8月31日(そう、夏休み最終日・・・・)に、なぎのバレエの発表会がありました。

夏休み期間も、あれだけ旅行やサマーキャンプや帰省で忙しい中、週2回きっちりレッスンに連れて行っていました。。







満を持しての(?)本番!^^


出演者の集合は、朝9時半!
(舞台は夕方5時からです・・・・)。



まずはメイクをしてもらいます。

この舞台メイクの派手なこと!!
でも、これくらいでないと、舞台の上でチュチュを着てライトを当てたときに、映えないんですよね。

初めてのつけまつげも~



会場は、基本写真不可とのことで、それをきっちり守っていたこのクラスでは、ほぼ写真は撮れず。。




今回のところは、リハーサルも、個人で写真を撮ってはいけないということで・・・・・、プロの写真を買うしかないのでした。。。

ようやく購入可になったので、ただいまどれを購入するか思案中。。。





リハーサルは、先生のダメ出し連発で、どよ~~ん・・・・・となりそうなほどだったのだけれど、本番は、バッチリ!!立ち位置も、課題の笑顔も、良くできました。

将来はバレエダンサーになりたいと言うなぎ。
本気で目指すには、簡単でない道だけれど、どこまでやるのかなあ。
本人がやりたいと言う限りは、サポートしてあげられたらと思っています。

バレリーナになるかというと、実はそうは思わないのだけど^^;
バレエをやっていてよかった、ということは、将来いくらでもあると思うので。
最近は歌が好きで、歌もやりたいと言っています。
好きなことをどんどん追い求めていけば、最終的に、自分に一番ぴったりのところに辿り着けるのだと、思います。

親は、気負わず、口出さず(お金は出し^^;)、応援するのみですね。



駆けつけてくれた、じいじばあばのんちゃん、そしてお友達のNちゃん。
どうもありがとう♡♡♡



帰宅は夜9時半。。。
心身ともに心地よい疲れのなぎさん。
ソファでゴロゴロ、リラックスするのでした^^






この日。
発表会のほかにも大きなことが・・・・。
朝9時、私がなぎの楽屋入りに付き添う時間から、夫はぜんを連れて日赤のERへ・・・。
この日の朝に怪我をした!!というわけではないのです。

この3日前。
家で、床にマグカップに入れて立てて置いてあった色鉛筆に、ぜんは後頭部から勢いよく倒れて、鉛筆の先が刺さって2つほど赤い傷が・・・。
たいしたことないかと思っていたのですが、夕方、よく見ると、片方の傷の中に、水色が見える。。。
芯が残っていることが発覚。
慌てて近所の小児科へいったのでした。

ピンセットで抜こうとしたところ、なぜか水色の芯はぐにゃりと柔らかく、、、拭き取る形の処置。
拭き取った後の傷口をよく見ると、水色の液体が、じわじわ~っと染み出してきます。。。。
なぜか、とってもとっても、中から水色が。。
幹部をギュウギュウおして、中の色素を搾りだすことになったのですが、患部はたんこぶにもなっているし、痛くて、処置は長くて(40分間くらい?)、はじめこそ我慢していたぜんも、途中から絶叫の号泣。。。
かわいそうでした。

処置が終わって、やれやれと思っていたのですが。
翌日夜、また、水色が出てきて固まっているのを発見。。。。
しかも、患部がさらに腫れてきていて、傷口の中も何だか赤っぽい。。。
化膿や内出血だったらどうしよう。。小児科の先生に電話するも、その時間はとり次いでもらえず。
翌朝、小児科の先生からお電話いただき、日赤の脳外科医の先生のことろへ紹介していただいて、診てもらうことになったのでした。。

結局、CTなど写真は撮らなったそうなのですが(私は、なぎの楽屋付き添いが女性のみなので、病院へは付き合えなかったので)、またしても傷口の周りをギュウギュウ押しながら、ピンセットで軽く切開しながら、化膿していた膿と残りの色素をとってもらったそうです。
麻酔の注射を3本くらいしたそうですが、痛くて痛くて、こちらでも大泣きしたそうです。。。

怪我は、嫌だよねえ、痛いし。見ている方もつらいし。


処置の後は、(というかこの数日通して)元気なぜん。
無事、バレエの発表会も見に来ることができて、やれやれほっとした、8月31日の夜だったのでした・・・。




9月12日の今日は、もう、傷はすっかりいいです!^^

ぜんは、7月にもおでこをスパッと切っているし、NYでも後頭部をホチキスで4針縫っているし、赤ちゃんの時には喉に血豆も作っています。。。
今後、大きな怪我のないように、守っていくのが、ぜんの子育ての柱かと思っています^^;
勉強やスポーツなどは、どうでもいいので、命だけは全力で守らなくては。。




0 件のコメント:

コメントを投稿